介護リフォームの助成金とは

介護リフォームと助成金

  • トップ /
  • 介護リフォームと助成金

介護保険制度を上手に利用しよう

介護

一般の家屋のほとんどはバリアフリーとはなっておらず、高齢者にとって生活しやすい環境とは言えません。転等事故などを起こして骨折してしまうと病院への入院が必要となり、身体機能が大きく低下してしまうことにつながります。転倒しにくい安全な家にリフォームすることで、事故を事前に予防することが出来ます。また、介護が必要な高齢者がいる家庭では、リフォームで手すりを取り付けたり、介護スペースを確保することによって介護量が軽減でき、家族の負担軽減につなげることができます。リフォームを検討する場合は、一定の条件を満たすことで助成金が利用できます。全国で利用することが可能なのは介護保険の住宅改修補助制度です。要介護認定を受けている高齢者がいる家庭が対象で、手すりの取り付けや扉の取替え、便器の取替えなど法律で定められた支援内容に対して、20万円まで補助(1割は自己負担)を受けることが出来ます。助成金を受けるためには自治体への申請が必要となるため、工事を行なう前に申請し受給が見込める状況となってから工事してもらうことが重要です。他には各自治体が独自に行なっている助成金があります。利用できる条件や内容は自治体によって異なるため、事前確認が重要です。

 

↑PAGE TOP