介護の保険で出来るリフォーム

介護保険でリフォームできる

  • トップ /
  • 介護保険でリフォームできる

介護保険リフォームの注意事項

介護

介護保険制度には、要介護者が自宅でなるべく自分の力を使って自立した生活が送れることをサポートするため、住宅改修というリフォームの項目が存在します。リフォームを行なえる人の前提として、要介護認定を受けている必要があります。これは、市区町村の保険者窓口で申請することができ、対象の方には認定された保険証が送付されます。リフォームの手順としては、担当のケアマネージャーに相談し、施工業者と共に、どの部分が困難になっており、何をリフォームするのか検討します。工事できる内容は、手すり等の設置、段差の解消、洋便器への交換、開けやすいドアへの交換、滑りにくい床材への変更など、決まっていますので、それにそぐわない工事の場合は、費用を全額自己負担することになる場合もありますので、しっかりと確認してもらいましょう。費用の1割分(一定所得以上ある方は2割)の支払いで、上限20万円までの工事を行ってもらうことができます。現在、入院中で退院に向けて住宅改修を行っておきたい場合もあると思います。そのような場合もあらかじめリフォームすることができますが、万が一、退院できなかった場合は、介護保険を利用することができず、費用の全額を自己負担しなければならなくなる場合もありますので、注意が必要です。

 

↑PAGE TOP