介護でバリアフリー

自宅介護に必要なリフォーム

  • トップ /
  • 自宅介護に必要なリフォーム

介護に必要な改修のポイント

介護

自宅介護において生活しやすいバリアフリー環境へのリフォームは重要です。元気な時には全く問題の無かった構造が身体機能の低下した方にとっては転倒事故などの原因となるからです。生活しやすいバリアフリー環境を整えるためにリフォームは必要ですが、金銭的にも負担が大きいため介護すべき優先度の高い内容を選択して改修を行っていく必要があります。 自宅介護において優先すべき内容の一つに排泄があります。おむつを使用すれば寝たままの状態で交換することで、介助者の負担は少なくすみますが、排泄は尊厳にも直接かかわる事でもあるので、おむつを使用することで認知的、身体的な低下が一気に進行するリスクがあります。可能ならばトイレに誘導し、自己排泄を促すことで認知的、身体的な機能を保つことが必要です。そのためには、トイレを使用するならば手すり、便器の改修、移動が困難であればポータブルトイレの設置など身体状況に応じた選択をする必要があります。トイレまでの移動時に転倒リスクを軽減させるために手すりや支持物となる家具を配置することも重要です。 また、バリアフリー化が最も必要な場所として風呂があります。浴室の床面は濡れることで滑りやすく、浴槽の高さや広さ、腰かける場所や、立ち座りを行うための手すりなど改修箇所は多くあります。身体機能や実際の環境に応じて適切なリフォームが行えるように、可能ならばケアマネージャーやソーシャルワーカー、担当リハビリスタッフなど医療・福祉専門職の意見を取り入れることが大切です。

 

↑PAGE TOP