介護リフォームのポイント

自宅介護に必要なリフォーム

  • トップ

介護をしやすいリフォーム

介護

自宅介護において、転倒などの事故リスクや介護負担を軽減させるためにリフォームは重要となります。リフォームは金銭的な負担も大きいため、要介護者の身体状況に応じて、優先度の高い場所から行っていくことがポイントとなります。一般的に優先度の高い場所としては、トイレ、風呂、寝室、それらの動線をつなぐ廊下があります。 まず、トイレについてはいかに立ち座りが行いやすいかがポイントとなります。洋式便器を使用している場合、壁に手すりを設置することで、自力での立ち座りを容易にしたり、また陰部の清拭を行うなどの介助を行う場合に手すりにつかまってもらう事で介助量を軽減させることができます。和式便器を使用している場合、下肢筋力やバランス能力が低下している場合は立ち座りが非常で困難であり転倒リスクも高い状態です。便器構造自体を改修する事が望ましいのですが、費用的にかなり高額となるため、和式便器の上に簡易的な洋式便器を取り付ける方法もあります。 風呂の回収ポイントもトイレと同様にいかに転倒リスクと介助量を軽減させるかがポイントとなります。浴室では床面が濡れることで滑りやすく、体を洗う際の立ち座り、浴槽に入りやすいための広さや深さ、などが改修ポイントとなります。 適切なリフォームをするためには、可能であればケアマネージャーやソーシャルワーカー、担当リハビリスタッフなどの医療福祉専門職の意見を取り入れることが大切です。

 

↑PAGE TOP